calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

selected entries

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

入門コース・基礎コース撮影実習「海へ」

 

 

入門コースと基礎コース合同の撮影実習で三浦半島の荒崎へ行ってきました。

この日は、急にザッと降ってきたかと思ったらすぐ止み、再び真夏の様な強い日差しに照らされる、という風に変わりやすい天気でした。

バス通り沿いにある漁港や集落などを歩きながら撮影していきます。

漁港の波打ち際にはヤドカリがいたり、カピカピに乾燥した海藻がへばりついていたり、いろんなものを発見できます。

後半天気が悪くなってきて少し忙しい撮影になりましたが、普段はお目にかかれない様なものをたくさん見つけられたのではないでしょうか。

 

 

潮風にさらされた後のカメラのお手入れは忘れずに。

教室ホームページにお手入れのやり方を載せているのでこちらを参考にしてください。

 

 

 

<説明会開催のお知らせ> 

9月22日(日)に10月生対象の説明会を開催致します。 
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、 
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、 
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。 
是非お気軽にご参加ください。 
 

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから



また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、 
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。

 

 

 


ゼミナール初級コース 撮影実習「小川町」

 

先週は「武蔵の小京都」と呼ばれる埼玉県の小川町で撮影実習を行いました。

当日は心配された雨も上がり暑さもひと段落。意外と動きやすいお天気で、撮影もスムーズに進んだ方が多かったようです。

 

 

 

駅前の観光案内所で地図を頂いて情報を仕入れます。

大まかなエリア確認と行き先やルート、そしてお昼ご飯の検討をする人も。

 

 

 

昔ながらの駅前商店街からスタートします。

名物の大きなウナギのイラスト(?)は無くなっていました。

 

 

 

街道沿いには立派な蔵がたくさん残っています。

地元の方のお話だと維持するのが大変で、手放される方も増えてきているそう。

残念ですが仕方がないんでしょうね。。

 

 

 

路地や川沿いなど歩きまわったら、午後はのんびりとした雰囲気の下里地区に向かいます。旧分校にはお洒落なカフェが併設されていました。

 

 

 

小川町は古い町並みが残る中心部と里山的な集落があり、一日かけて撮影するにはちょうど良いサイズの町です。下里方面まで行けなかった人は、次回は先に下里へ行ってから戻ってきても良いかもしれませんね!

 

 

 

<説明会開催のお知らせ> 

9月22日(日)に10月生対象の説明会を開催致します。 
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、 
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、 
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。 
是非お気軽にご参加ください。 
 

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから



また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、 
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。

 


中村ゼミナール 小島一郎さんの写真展のお知らせ

 

中村ゼミナール 小島一郎 写真展

Die Quadratische Heimat』開催のお知らせ(ドイツ・ミュンヘン)

 

 

中村ゼミの小島一郎さんの写真展が、来年の4月に1カ月間、ドイツのミュンヘンで開催されることが決まりました。

会場のÜblacker-Häuslは、18世紀に建てられた貴重な建築物で、現在はミュンヘン市によって博物館に改築され、その1階が写真やモダンアートのギャラリーになっています。

ミュンヘンの芸術家たちが集まるハイトハウゼン地区の中心にある観光スポットでもあり、開催期間もちょうど日本のゴールデンウイークに重なるので、この時期ヨーロッパ旅行を予定されている方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

展覧する作品は、2018年春に銀座ニコンサロンで展覧した、『正方形の故郷』に、新作を加えた新しい内容になるそうです。

詳しい情報は、また展覧会の直前にお知らせします。

Die Quadratische Heimatは「正方形の故郷」のドイツ語訳です。

 

開催期間:2020年4月14日〜5月10

オープニングレセプション:4月13日 19時〜(ドイツ語のスピーチあり?)

場所:Üblacker-HäuslPreysingstraße 58,  81667 Munich  Germany

https://www.facebook.com/ueblackerhaeusl/

 

 

 

 

 


【OG】上瀧由布子さんが土門拳文化賞を受賞しました!

 

教室OG、上瀧由布子さんの作品『糸遊 〜GOSSAMER』が第25回酒田市土門拳文化賞を受賞しました。

おめでとうございます!!パチパチ!

 

上瀧さんの作品は身近なものや家族を作者独特の視点で丁寧に見つめた作品で、エプソン(2016)やニコン(2017)などでの個展を経て、今年の2月に蒼穹社より写真集として出版されています。

(この写真集は教室でも販売していますので、ぜひ日録の参考にしてください)

 

受賞作品展として山形県酒田市の土門拳記念館、続けて新宿・大阪ニコンプラザでの写真展も開催されますので、是非ご覧ください。

 

授賞式   令和元年  9月29日(日) 午前10時〜  会場:土門拳記念館
受賞作品展 令和元年  9月27日(金)〜 11月10日(日) 土門拳記念館
      令和元年11月26日(火)〜 12月  2日(月) ニコンプラザ新宿
      令和元年12月12日(木)〜 12月18日(水) ニコンプラザ大阪

 

 

 

 

<説明会開催のお知らせ>  

8月31日(土)は10月生対象の説明会を開催致します。  
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、  
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、  
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。  
是非お気軽にご参加ください。  

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから


また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、  
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。  

 


基礎コース撮影実習「浅草」

 

曳舟駅から東向島へ向けて歩きながら撮影しました。

暦の上では秋なんですが、路地裏は残暑むんむんです。

 

とにかく夏場の撮影は暑さとの戦いと言っていいくらいなので、水分補給に時々エアコンの効いたコンビニに避難をしつつ撮影していきました。

 

 

路地裏の家庭菜園には驚くほどいろんな種類の野菜たちと出会います。

ちなみに左下の写真はゴーヤです。完熟?するとこんなになります。なんでも甘くなって美味しいらしい。

ちょっと食べてみたくなりますね。

 

 

 

東京は常に街が新陳代謝しているところですが、長い間ずっと昭和を色濃く残していてこの東向島にもついにその波が来たみたいで、空き地や新築の建物が増えていました。

これからもっと様変わりするんでしょうね。

 

昭和の迷宮に迷い込みたい人は是非足を運んでみてください。

 

 

 

 

<説明会開催のお知らせ>  

8月31日(土)は10月生対象の説明会を開催致します。  
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、  
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、  
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。  
是非お気軽にご参加ください。  

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから


また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、  
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。  

 

 

 


入門コース撮影実習「街」

 

 

先日の日曜日、入門コースの撮影実習が行われました。第1回目から第3回目までは、カメラの扱い方や仕組みについての基本的なことを学びましたが、この第4回目からは「表現の世界」へ一歩踏み出します。まず今日は、「質感」と「形態」に興味を持って「単純に」「断片的に」撮影していきます。

 

 

 

3クラス合同の講義が終わると、さぁ、いよいよ撮影です。2クラスに分かれて実習のスタートです。教室から歩いて、谷中、根津、千駄木方面へと向かって歩いていきます。とても暑いので、水分補給、そして休憩などを取りながら2時間で150カット目標で撮影です。

 

 

講義で「撮影するときにやってはいけない事」という3つの行為の注意点がありました。カメラに慣れている人こそ、ついうっかりやってしまいます。気をつけなければいけません。とにかく、単純に、断片的に。なかなか難しいですね。

 

 

 

やっと撮影するものを決めたとしても、次は、慣れないフルマニュアル。シャッタースピードを合わせ、ピントを合わせ、一つ一つ丁寧にやっていくしかないですね。一枚一枚を撮ることがとても大変そうですけど、みなさん一生懸命です。

 

 

 

普段見過ごしてしまうようなモノに気がついては、撮影、また歩いて、撮影、の繰り返し。撮影って、自分の足で歩いて見つけていかないといけないんだなぁと実感しますね。街でバッタリ、真剣にカメラを構えて撮影している姿を見かけるととても嬉しいです。

 

 

 

次の授業では、実習で撮影した作品を初めてプリントしていきます。デジタルの人はライトルームを使って調整し、教室のプリンターでプリント。フイルムの人は暗室でフィルム現像、そして引き伸ばしプリントで作品を作っていきます。その後、その作品を持って各クラスで批評の授業、という流れになります。

 

 

 

ともあれ、猛暑日の中、みなさん撮影お疲れ様でした!!

 

 

 


入門コース 撮影実習

 

 

前日まで心配された台風がそれて、朝には雨がやみました。天気の良い中で入門コース、初めての撮影実習が行われました。3クラス合同授業です。

 

 

 

この実習では、露出や絞りの違いなど18の項目について撮影していきます。前回の講義で聞いたことを実際やってみることで、カメラの特性をより理解していきます。

 

 

たくさんの機能のあるカメラですが、授業内では、露出もピントもすべてマニュアルで自分で合わせて合わせていきます。最初は慣れないので大変です。

 

 

次回の授業で今回の撮影結果を確認したら、いよいよ「写真表現」の世界へ入っていきます。

 


合同批評会・授業見学会(茗台区民プラザ 生涯学習教育館)

 

7月14日(土)茗台区民プラザ 生涯学習教育館にて、2019年度最初の合同批評会が行われました。例年通り、今回も入門コースからゼミナールまで、多くの学生が作品を提出しました。

 

 

 

中島健先生、早坂元興先生、阪口克先生をゲスト講師にお招きして、中村先生、小宮山先生も加わり、5人の先生の批評となりました。

 

 

入門コースは初めての人物撮影の作品の提出、基礎コースは半年やってきての自信作や新作と提出。入門コース、基礎コースともかなりの提出率!作品からも熱心さが伝わってきました。中村先生の「これはいいねー!!」が、いつもより多かったかも!?

 

 

初級ゼミナール以降の皆さんは最大20枚の作品の提出で、数も質も皆さん頑張って仕上げてきていて見応えがある作品も多く見られました。先生方も長年やっている人には、少々厳しい意見もあったりしましたが、期待の現れですので、皆さん奮起してくださいね。

 

 

 

長時間でしたが、みなさん熱心に聞いている姿が印象的でした。違うクラスの作品を見ることができる貴重な合同批評会は、今後写真を続けていく良い刺激になれば良いと思います。

 

 

 

合同批評会の後は懇親会。スタート前に記念写真!!各々好きな飲み物を手に乾杯〜!!一気に和やかになりました。たくさん料理の中から最初に手に取るのは皆さん「おにぎり!!!」。4時間半の緊張が解けて、まず腹ごしらえといったところでしょうか!?この後、20時半ごろまで、コースを超えての交流、写真をお互い見せ合ったり、先生に質問したりと大変盛り上がりました。

2019年度も皆さん有意義時間を写真とともに過ごせますように!!

 

お疲れ様でした!

 

 

ーーーーーーーーーー

 

<説明会開催のお知らせ>  

7月20日(土)に7月生対象の説明会を開催致します。  
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、  
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、  
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。  
是非お気軽にご参加ください。  

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから


また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、  
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。  

 

 


入門・基礎コース 合同撮影実習「海へ」

 

 

入門コースと基礎コース合同で三浦半島の松輪へ行ってきました。

 

梅雨入り真っ只中で雨も心配されましたが、どうにか天気も持ちこたえてくれました。

ただこの時期にしては少し肌寒く、持ってきた雨合羽を防寒用に着ている生徒さんもいました。

砂浜へ出ると、波打ち際には海藻や流木などたくさんの漂着物があって、普段あまり目にすることがない様々なものを発見することができます。磯も三浦特有の変化に富んだ岩が続き、気になり出したらなかなか先へ進めないくらいの被写体の連続です。

そんな中を歩いて、一旦集落へグルリと迂回して再び海へ戻ると、ようやくお昼です。

ちょうど建設中(?)の海の家があったので、その軒を借りてひと休みです。

午後からは漁港に寄り道をしながら剣崎の灯台を目指しました。

 

生い茂る夏草の先に広がった剣崎の灯台からは、房総半島がぼんやり浮かんでいるように見えました。

 

 

 

潮風にさらされた後のカメラのお手入れは忘れずに。

教室ホームページにお手入れのやり方を載せているのでこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

<説明会開催のお知らせ> 

6月23日(日)に7月生対象の説明会を開催致します。 
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、 
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、 
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。 
是非お気軽にご参加ください。 

説明会参加予約フォーム 

また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、 
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。

 

 


ゼミナール初級コース 撮影実習「三ノ輪」

 

先週末はゼミナール初級コースの撮影実習でおなじみの三ノ輪へ。ここ最近の暑さもやわらぎ、撮影で歩くにはちょうど良いお天気でした。

 

 

 

まずは都電「三ノ輪橋駅」に集合して本日のルートなどの説明を受け、昔ながらのアーケードがある商店街から荒川・千住方面へ向かいます。

商店街では美味しそうな匂いにつられて思わずつまみ食い(朝食)する人も。しっかり腹ごしらえをして撮影も頑張りましょうね。

しかしこういう商店街の食べ物ってなんでこんなに美味しそうなんでしょうか。。。

 

 

 

撮影実習を行うエリアでよく見かけるドラム缶(防火水槽)。本来は「入り組んだ狭い路地→火事で消防車が入れない→お水の用意」という事なんですが、撮影する人にとっては「入り組んだ狭い路地→再開発がなく古い建物が多く残っている可能性が高い→被写体になるものがたくさんあるかも!」という事で、このドラム缶は良い目印になります。

 

 

 

ゼミナール初級コースでは広角レンズや中判カメラ、あるいはカラープリントに取り組んでみたりと、各自の模索が始まります。こういった技術的な試行錯誤も写真の面白さの一つですので、ぜひ意欲的に挑戦してもらいたいと思います。

 

 

 

みなさん、良い被写体に出会えたでしょうか。

次回の批評を楽しみにしています。

 

 

<説明会開催のお知らせ>  

6月23日(日)、7月5日(金)には7月生対象の説明会を開催致します。  
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、  
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、  
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。  
是非お気軽にご参加ください。  

説明会参加予約フォーム 

*スマートフォンの場合はこちらから


また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、  
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。  

 


| 1/27PAGES | >>