calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

selected entries

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

入門コース 撮影実習「街」

 

 

入門コース第4回目の授業は撮影実習。「質感」と「形態」に興味を持って撮影するものを見つけ、「単純に」「断片的に」撮影してくるようにと、実習前の講義で本日の課題が出ました。カメラの扱い方や仕組みを学んだ3回の授業を経て、いよいよ今日から「表現の世界」へ一歩踏み出します。

 

 

 

講義が終わると、さぁ、いよいよ撮影です。教室からみんなで谷根千の方へ歩いていきます。「形態」や「質感」ってどういうことだろう、、、。皆さん、今まであまり意識してこなかったお題にちょっと不安な様子。ともかく、カメラを持ってスタートです。

 

 

 

「何を撮っていいかわからない、、」と悩みつつ、次第に個々に別れて、撮りたいものを探していきます。やっと撮影するものを決めたとしても、次は、慣れないフルマニュアル。シャッタースピードを合わせ、ピントを合わせ、一つ一つ丁寧にやっていくしかないですね。一枚一枚を撮ることがとても大変そうですけど、みなさん一生懸命です。

 

 

 

「どんなもの撮ってます?」それぞれ撮影していても、同じ街を歩いています。ばったり会えば、お互い見せあったり。「正解がわからない、、」そんな感想も当然かもしれません。初めての事ですから仕方ないです、、、

 

 

 

普段見過ごしてしまうようなモノに気がついては、撮影、また歩いて、撮影、の繰り返し。「なんか一気にレベルが上がってビックリです」今日の講義と実習の感想も。新しい事にチャレンジするのはいつも最初は難しいのです。

 

 

 

街を歩いていると、学生の皆さんにばったり出会います。真剣にカメラを構えて撮影している姿を見かけるととても嬉しいです。次の授業では、実習で撮影した作品を初めてプリントしていきます。デジタルの人はライトルームを使って調整し、教室のプリンターでプリント。フイルムの人は暗室でフィルム現像、そして引き伸ばしプリントで作品を作っていきます。その後、その作品を持って各クラスで批評の授業、という流れになります。

 

ともあれ、みなさん撮影お疲れ様でした!!

 


おすすめ写真展

 

 

THE GALLERY 企画展

UNTITLED RECORD 2018

北島敬三写真展

 

場所:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY

会期:2019年5月7日〜5月27日

時間:10:30〜18:30(日曜日休館、最終日は15:00まで)

入場無料

 

北島敬三氏は、6年に及ぶプロジェクト「UNTITLED RECORDS」を継続しています。日本全国各地を訪れて撮影を重ね、(中略)本展では、2018年に1年かけて特別に撮り下ろされた作品を展示。(会場パフレットより)

 

北島氏が撮るこの風景を、まずは写真の前に立ち、鑑賞してみてください。

 

現在、写真を勉強中のみなさんが、このタイミングで、この展示を見ることができるのは、とても貴重な機会です。

撮影している作者と空間を共有する感覚をきっちり感じ取ることができるはずです。

 

是非観にいくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 


入門コース 撮影実習

 

とてもよく晴れて暖かく心地の良い陽気の中、入門コースの最初の撮影実習が行われました。

初回の授業の内容を踏まえて、被写体との距離が変わると背景のボケ方が変わるかなど18ある様々な項目を、カメラの操作は全てマニュアルで撮影していきます。

デジタル全盛の中、ちらほらフィルムで受講する生徒さんもいたりして、かなり年代物のメカ感いっぱいのカメラがガチャガチャシャッター音を響かせていたりしてました。

 

次回の授業で今回の撮影結果を確認したら、そこからはいよいよ写真の表現の領域に足を踏み入れていきます。

 

 

 

 


合同批評会・授業見学会(文京区不忍通りふれあい館)

 

4月13日(土)文京区不忍通りふれあい館にて、2018年度最後の合同批評会が行われました。例年通り、今回も入門コースからゼミナールのすべての学生の中から総勢84名の学生が作品を提出しました。

 

 

 

今回も、中島健先生、早坂元興先生、阪口克先生をゲスト講師にお招きして、中村先生、小宮山先生も加わり、5人の先生の批評となりました。

 

 

 

入門コースは初めての人物撮影の作品の提出、基礎コースは半年やってきての自信作や新作と提出。いつもと違って大人数の前に作品を発表してみてもらう事に緊張したのではないでしょうか?初級ゼミナール以降の皆さんは最大20枚の作品の提出で、数も質も皆さん頑張って仕上げてきていて見応えがある作品も多く見られました。

 

 

 

長時間でしたが、みなさん熱心に聞いている姿が印象的でした。違うクラスの作品を見ることができる貴重な合同批評会は、今後写真を続けていく良い刺激になれば良いと思います。

 

 

 

 

合同批評会の後は懇親会。スタート前に記念写真!!

2018年度最後の懇親会ということもあって、総勢70名近くの在校生、卒業生が参加しました。お酒やおにぎり片手に、コースを超えての交流、写真をお互い見せ合ったり、先生に質問したりと大変盛り上がりました。

4月からの2019年度も皆さん有意義で楽しい写真との時間が過ごせますように。

お疲れ様でした!

 

 


上瀧由布子『糸遊 GOSSAMER』 写真展開催中

 

 

中村教室OGの上瀧由布子(こうたきゆうこ)さんの写真展が現在開催中です。

会期は今週土日までですので、まだ観に行っていない方は足を運んでください。

 

美しいモノクロのデジタルプリントは必見!

教室で勉強されている皆さんにも必ず参考になる展示です。

 

 

場所 

サードディストリクトギャラリー

東京都新宿区新宿3−8ー9 新宿Qビル4階    

最寄駅 新宿三丁目c5出口目の前(ハンバーガーショップの看板を目印に)

会期

〜2019年4月7日(13時〜20時)まで

 

 


入門・基礎コース 撮影実習「海へ」

 

最初の谷根千の批評を踏まえて、2度目の写真表現への挑戦です。

 

 

入門コースと基礎コース合同で三浦半島の荒崎へ行ってきました。

曇り空の下、海の向こうの雪を背負った富士山を見ながらの出発です。

ちょうど干潮時でウネウネと起伏に富んだ三浦特有の海岸を、面白い形をした岩や流木などを発見しながら歩きます。

公園に着くと、お弁当を狙って上空を旋回しているトンビに気をつけながらのランチタイムです。

午後は、点在する漁港へ立ち寄って撮影しながら歩きました。

家々の庭には椿や梅、早咲の桜やオオイヌフグリも咲いていて、着実に春はすぐそこだと思えました。

 

潮風にさらされた後のカメラのお手入れは忘れずに。

教室ホームページにお手入れのやり方を載せているのでこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

<説明会開催のお知らせ> 

3月24日(日)に4月生対象の説明会を開催致します。 
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、 
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、 
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。 
是非お気軽にご参加ください。 

説明会参加予約フォーム 

また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、 
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。

 

 


基礎コース 撮影実習「浅草」

 

 

今回の基礎コース撮影実習も曳舟駅から東武線に沿って、東向島〜鐘ヶ淵、堀切方面へと歩きます。カメラを持って、「形」と「質感」の両方を兼ね備えた面白いものを探していきます。

 

 

 

平日、土曜日、日曜日と3クラスに分かれている基礎コースの合同実習。スタート時点では、結構大人数です。最初に小宮山先生から今日の撮影のアドバイス。「光をきちんと見て、撮影対象の立体感を感じることもしていきましょう」

 

 

 

「あ、面白いものがある!」一人が撮影していると、やはりみんなも気になるようで、各々の角度から撮影がはじまります。と言ってもそれは最初のうちだけ。5分もすると、各々各自の興味のある方向へとばらけていきます。実習も入門コースから数えて4回目。もう皆さん慣れてきています。

 

 

 

この辺りは昭和の面影残る渋い街並み。小さな食堂や、商店、とっても雰囲気のある小さなお家など、ワクワクしますね。細い路地に迷いながら撮影していきます。

 

 

 

歩いていると、細い路地に、小さなものを見つけてカメラを向けている一生懸命な姿を発見!もう一時間以上歩いていると、気がつくとみんな一人です。「先生!何を撮っていいか迷います!」と言いながら順調そう。日が暮れるまであとちょっと、頑張って!

 

 

 

さあ、撮影をしよう!と歩くと、ふだん通り過ぎてしまうようなものにも目が行きます。細かく観察していくのも慣れてきた頃です。この日は晴れていて少し暖かく、柔らかい光がさしていて実習日和でした。

 

 

 

次の授業のプリント実習では、今まで学んできたことに加え「コントラスト」について学んでいきます。デジタルではライトルームの「トーンカーブ」を使って、フイルムは暗室で「マルチグレードフィルター」を使用して最適なプリントを探っていきます。授業でこの日撮影した写真をプリントした後は、各クラスで批評の授業となります。

 

 


入門コース 撮影実習「街」

 

ここからはいよいよ「写真表現」の世界へ足を踏み入れます。

ものを発見する写真的な観察眼を養っていきます。

 

 

前日に降った雪が建物の陰にまだ残っていたりして、晴れて天気は良いものの寒い中での撮影実習になりました。

いわゆる谷根千と呼ばれる地域には幾重にも細い路地が通っていて、その路地を歩きながらにものを見つけていきます。

今までとは違ったものの見方をして写真を撮ってみると、これまでは気づかなった出会いと発見があったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 


入門コース 撮影実習

 

 

日差しこそあるけれど、真冬らしい寒さの中で1月生の入門コースはじめての撮影実習が行われました。

フィルムかデジタルかどちらかを選択して、前回の講義の内容を踏まえて露出や絞りの違いなど18の項目について撮影していきます。

ピントや露出をマニュアルで操作するのはなかなか大変かもしれませんが、やっていくうちにだんだんできるようになるので大丈夫ですよ。

次回の授業で今回の撮影結果を確認したら、いよいよ「写真表現」の世界へ入っていきます。

 

 

 


合同批評会・授業見学会(シビックセンター)

 

 

1月12日(土)中島健先生・早坂元興先生・阪口克先生をゲスト講師にお招きして合同批評会が行われました。

いつもは見れない他のコースの人の作品を見ることができて、これから先続けていくとどのように写真が撮れるようになっていくのか想像できて、良い刺激になったのではないでしょうか。

 

 

 

 懇 親 会 

 

 

合評会の後は懇親会です。

お酒も入り、お互いに写真を見せ合ったりして、コースを越えてみんな熱っぽく語り合ってました。

 

 

 

<説明会開催のお知らせ> 

1月19日(土)に1月生対象の説明会を開催致します。 
授業内容や必要な機材について詳しくご説明致しますので、 
「どんなカメラを用意すれば良い?このカメラ使えますか?」といった相談から、 
「そもそも写真の勉強ってどんなことするの?」など質問疑問も大歓迎です。 
是非お気軽にご参加ください。 

説明会参加予約フォーム 

また日程が合わない方には個別の相談も随時受け付けておりますので、 
こちらも上の予約フォームからどうぞお気軽にお申し込みください。

 

 


| 1/26PAGES | >>